Research press release

古代のメタン放出と関連がある海底アスファルト火山

Nature Geoscience

Submarine asphalt volcanoes linked to ancient methane emissions

カリフォルニア南部の海岸沖におけるアスファルト火山活動は、数千年前に記録された高濃度の海水中メタンの原因となっていた可能性があると、Nature Geoscience(電子版)に発表される。溶岩を噴出するほかの海底火山とは異なり、アスファルト火山は大量のメタンと共に劣化した石油を放出する。

D Valentineらは、カリフォルニア州サンタバーバラ沖に、7つの活動をやめた海底アスファルト火山を発見した。深海潜水艇と無人潜水船を用いて、彼らは小丘の形状と組成を研究した。採取した資料は、小丘が地下に蓄積されていて4万4000年前から3万1000年前の間に海中に噴出したアスファルトから出来ていることを明らかにした。噴火の際に放出された石油とガスの体積は、これまで説明されていなかった、当時のサンタバーバラ海岸の海水中に存在していたと考えられているメタンとタールの増加量を説明することが可能である。

Asphalt volcanism off the coast of southern California may have caused the high levels of methane in ocean waters recorded several thousand years ago, suggests a paper published online this week in Nature Geoscience. Unlike other submarine volcanoes, that emit lava, asphalt volcanoes release degraded petroleum, along with substantial amounts of methane.

David Valentine and colleagues discovered seven extinct submarine asphalt volcanoes offshore from Santa Barbara, California. Using deep submergence and automated underwater vehicles, they studied the geometry and composition of the mounds. Sampling revealed that the mounds were composed of asphalt, sourced from underground stores, which erupted onto the ocean floor between 44,000 and 31,000 years ago. The volumes of oil and gas emitted during the eruptions accounts for the previously unexplained elevated levels of methane and tar thought to be present in Santa Barbara's coastal waters at that time.

doi: 10.1038/ngeo848

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度