Research press release

火星の古代の酸性水

Nature Geoscience

Ancient acidic waters on Mars

かつて火星のメリディアニ平原を満たした酸性の表層水は、地下水と初期火星大気との間の相互作用によって生成された可能性がある。NASAのオポチュニティー探査車が着陸したメリディアニ平原は酸性水によって生成されたと考えられる岩石の地層が数多くみられる場所である。

J Burowitzraらは、オポチュニティー探査車により得られたデータを用いて、岩石の堆積をもたらした可能性のある地球化学的過程について評価した。彼らの地球化学的計算は、鉄に富んだ中性の地下水が地表に到達すると、紫外線の放射、あるいは大気中の酸素にさらされることにより、鉄はすぐに酸化されることを示している。

研究チームは、酸性の表層水が優勢になったのは火星の乾燥した気候の結果であると示唆している。

The acidic surface waters that once bathed Meridiani Planum on Mars could have been generated by interactions between groundwater and the early martian atmosphere, according to a paper published online this week in Nature Geoscience. Meridiani Planum, visited by the NASA rover Opportunity, is host to a number of rock formations thought to be formed in acidic water.

Joel Hurowitz and colleagues used data obtained by Opportunity to assess the geochemical pathways that could have led to the formation of the rocks. Their geochemical calculations showed that as iron-rich, fairly neutral groundwater reached the surface, the iron could have been rapidly oxidized by exposure to ultraviolet radiation or atmospheric oxygen. The resulting chemical reactions would have acidified the water remaining on the surface.

The team suggests that the prevalence of the acidic surface water was a consequence of the martian climate drying.

doi: 10.1038/ngeo831

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度