Research press release

頻度は少ないがより強力な熱帯サイクロン

Nature Geoscience

Fewer but stronger tropical cyclones

熱帯サイクロンは、気候変動に応答して全体としては頻度が減少する傾向にあるが、最大規模のサイクロンは確実に頻度が増大することが予測されていると報告された。より強力な嵐が来ることで、嵐の中心では降雨量の増加が起きると考えられる。

世界気象機関の熱帯サイクロンおよび気候変動専門家チームのT Knutsonらは、過去の熱帯サイクロン活動と将来の予測に関する論文を再検討した。彼らは、過去のハリケーン活動の変化は、主に記録が不完全なことと長期にわたる天然の変動が大きいために、自然の変動とは区別できないと結論している。しかしながら将来の予測は、気候がより温暖になるに従って、最大規模の熱帯サイクロンは確実に増加することを指摘している。

Tropical cyclones are likely to become rarer, overall, in response to climate change, but the most severe cyclones are consistently projected to occur more frequently, concludes a Review article published online this week in Nature Geoscience. With the more intense storms comes an increase of precipitation in the storm centre

Tom Knutson and colleagues from the World Meteorological Organization's Expert Team on Tropical Cyclones and Climate Change reviewed publications on past tropical cyclone activity and future projections. They concluded that past changes in hurricane activity cannot be distinguished from natural variability, mainly because of incomplete records and large natural fluctuations over time. However, future projections consistently point to an increase in the most severe tropical cyclones as the climate warms further.

doi: 10.1038/ngeo779

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度