Research press release

グリーンランド・フィヨルドにおける氷河の融解

Nature Geoscience

Melting glaciers in Greenland fjords

グリーンランドのフィヨルドで海洋が融解することがグリーンランド氷床の安定性に重要な影響をもたらすと、Nature Geoscience(電子版)に発表される2つの研究が示している。複数のフィヨルドで海洋観測を行った結果、外洋からフィヨルドへ温かい水はどのように入ってきて氷床の縁にある流出した氷河を溶かすかが明らかになった。

F Straneoらは、グリーンランド最大の流出氷河の1つであるヘルハイム氷河を海とつなげているフィヨルド内の水の性質を測定した。彼らは、岩礁の上の亜熱帯海水とフィヨルドの水が活発に交換していることを報告しており、最近の氷河の加速は離れた場所での大気と海洋の変化が引き金となっていると示唆している。

E Rignotらは、西グリーンランドの3つの氷河フィヨルドを研究し、海洋下の融解による氷の損失は、氷河ごとに大きな変動はあるが、氷山の崩壊による損失と同じ程度であることを見つけた。

またNews & Viewsでは、P Hollandが次のように書いている。「StraneoらとRignotらの研究は、グリーンランドの氷がフィヨルドへ失われていく過程を解明するうえで重要なステップとなっている」。

Marine melting in Greenland's fjords represents a key influence on the stability of the Greenland ice sheet, according to two studies published online this week in Nature Geoscience. Oceanographic measurements from several fjords outline how warm waters from the open ocean enter the fjords and melt the outlet glaciers on the edge of the ice sheet.

Fiammetta Straneo and colleagues measured the water properties in the fjord that connects Helheim Glacier, one of East Greenland's largest outlet glaciers, with the ocean. They report an active exchange between subtropical waters on the shelf and fjord waters, and suggest that the recent acceleration of the glacier could have been triggered by oceanic and atmospheric changes at a distance.

Eric Rignot and colleagues studied three glacial fjords in West Greenland, and found that ice loss through submarine melting is on the same order of magnitude as loss to icebergs breaking off, with high variability between the glaciers.

In an accompanying News & Views, Paul Holland writes, "The studies by Straneo and Rignot and their colleagues are vital steps towards an understanding of Greenland's ice loss into fjords."

doi: 10.1038/ngeo764

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度