Research press release

粘着性堆積物が三角州を形成する

Nature Geoscience

Sticky sediments shape deltas

三角州の形と構造はその堆積物の粘着性により影響を受けるとの報告が寄せられている。堆積物の粘着が、河川の放流、波、および潮汐などの過程と一緒になって働くのである。

D EdmondsとR Slingerlandは数値モデルを用いて、河川の三角州の発達に関する堆積物の粘着効果をシミュレーションした。ほかの要因をすべて一定に保つと、ミシシッピ川三角州などの関連する氾濫原や、ナイル川三角州などの滑らかな海岸線をもつ扇状三角州ができることがわかった。

堆積物の粘着性は、一部は、河川周囲の植生の種類と量により影響を受ける。したがって、著者等は、約4億2,000万年に始まった大陸の広範な植物進化の前には、河川の三角州は主に扇状であったことを示唆しており、これは岩石に残された記録と一致している。

The shape and structure of deltas is influenced by the stickiness of their sediments, according to a paper online this week in Nature Geoscience. Sediment cohesion acts in conjunction with other processes, including river discharge, waves and tides.

Douglas Edmonds and Rudy Slingerland use numerical models to simulate the effect of sediment cohesion on the development of river deltas. Holding all other factors constant, they found that the relative stickiness of the sediments determined whether the deltas developed into bird's-foot deltas with complex floodplains, such as the Mississippi River Delta, or fan-shaped deltas with smooth shorelines, such the Nile River Delta.

Sediment cohesion is controlled in part by the amount and type of vegetation surrounding the river. Therefore, the authors suggest that before the widespread evolution of continental plant life ― beginning about 420 million years ago ― river deltas should have been predominantly fan-shaped, a finding that is consistent with the rock record.

doi: 10.1038/ngeo730

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度