Research press release

深海の炭素封鎖

Nature Geoscience

Deep-ocean carbon sequestration

深海への二酸化炭素の注入を含む炭素の封鎖手法はあまりに早く却下され過ぎたとする記事が、Nature Geoscience(電子版)のCommentaryに掲載される。深海への注入を含む、大気から炭素を取り除くすべての選択肢により引き起こされる環境への被害は、互いに注意深く比較して評価しなければならず、さらに、大気中の二酸化炭素濃度増加が継続することの影響と比較して評価しなければならない。

R Keelingは、気候変動と闘うためには、つらい選択も必要であると論じている。彼は、人類が放出する二酸化炭素が環境に及ぼす負の効果は、我々が炭素を封鎖することを決定するかにかかわらず、またどのような封鎖の選択肢を選ぶかによらず不可避であると示唆している。それにより、気候変動と闘ううえでの問題は、大気中の温室効果ガス強制力を削減することにより全球にもたらされる利益と、どの選択肢にせよ炭素封鎖を行うことによる局所的な被害との間で正当な釣り合いを見つけるという点になる。

A method for sequestering carbon that involves injecting carbon dioxide into the deep ocean has been dismissed too early, says a Commentary online this week in Nature Geoscience. The environmental damage caused by all the options for removing carbon from the atmosphere ― including deep-ocean injection ― should be carefully weighed up against each other and against the impacts of continuing increases in atmospheric carbon dioxide concentrations.

Ralph Keeling argues that tough choices need to be made in combating climate change. He suggests that some negative effects on the environment from human emissions of carbon dioxide are inevitable ― whether or not we decide to sequester carbon dioxide, and no matter which sequestration option we choose. The problem of fighting climate change then becomes one of finding the right balance between the global benefit of reducing anthropogenic greenhouse-gas forcing and the local damage from any of the options for carbon sequestration.

doi: 10.1038/ngeo701

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度