Research press release

カスケードの下のマグマ

Nature Geoscience

Magma below the Cascades

米国ワシントン州のいくつかの火山の下では、部分溶融した岩石の領域が広がっているNature Geoscience(電子版)に発表される。他の方法で確認できれば、これは、これまでに発見された中で最も広く大陸地殻内にマグマを保った領域の1つである。

G Hillらは、北カスケード山脈下部の岩石に対して電気伝導度を測定した。彼らのデータは、その地域の下に電気伝導度が低い物質の層が広がっていることに確証を与えた。彼らはまた、この物質が細い指状にセントヘレンズ山とアダムス火山の下で上昇していることを発見した。

溶けた岩石は固体の岩石よりも低い電気伝導度をもつので、研究者は大陸地殻内にとどまっている部分溶融した岩石の領域があることを示唆している。Hillらによれば、小さい指は、おそらく溶けた岩石が火山のマグマだまりに向けて上昇し、将来の火山活動へマグマを供給している地域を示しているとのことである。

A zone of partially molten rock extends beneath several volcanoes in Washington state, USA, according to a study published online this week in Nature Geoscience. If confirmed by additional methods, this could be one of most widespread magma-bearing areas of continental crust discovered thus far.

Graham Hill and colleagues measured the electrical conductivity in the rocks under the northern Cascade Mountain range. Their data confirmed that there was a widespread layer of material with low conductivity below the range. They also found that narrow fingers of this material rise towards the surface, below the Mount St. Helens and Adams volcanoes.

As molten rock has a lower electrical conductivity than solid rock, the researchers suggest that there is a zone of partially molten rock that has pooled in the continental crust. According to Hill and colleagues, the small fingers probably indicate areas where the molten rock is moving up towards the magma chambers of the volcanoes, feeding future volcanic activity.

doi: 10.1038/ngeo661

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度