Research press release

黒い埋蔵

Nature Geoscience

Black burial

スカンジナビア亜寒帯森林土壌の木炭はこれまで考えられていたよりも簡単に分解するという報告が、Nature Geoscience(電子版)に寄せられている。森林火災は燃えた植生の一部を、分解しにくく、そのために長期にわたる炭素貯蔵庫となりうると考えられていた焼け焦げた燃えかすへと変化させる。

M Olsonらは、ノルウェーとスウェーデンで数百の亜寒帯森林土壌を集め、試料ごとに木炭の量がかなり変化することを見つけた。放射性炭素年代法の結果は木炭年代の中央値は652年であり、森林火災が過去1万年にわたってその地域で起きていたことを考えれば、予想よりも若いことが明らかになった。

逆転時間が比較的早いにもかかわらず、Olsonらは、この結果がほかの土壌にも適用できるならば亜寒帯森林土壌の木炭貯蔵庫は炭素1ペタグラムとなり、これは亜寒帯森林土壌の植物炭素貯蔵の1%に匹敵すると見積もっている。

Charcoal in boreal forest soils in Scandinavia is easier to break down than previously thought, according to a study published online this week in Nature Geoscience. Forest fires convert a fraction of the burning vegetation into charred residues, which have been considered difficult to break down, and therefore a potential long-term carbon sink.

Mikael Ohlson and colleagues sampled hundreds of boreal forest soils in Norway and Sweden, and found that the charcoal content varies considerably between samples. Radiocarbon dating revealed that the charcoal has a median age of 652 years, which is younger than they expected, given that forest fires have been occurring in the region for the past 10,000 years.

Despite the relatively rapid turnover time, the researchers estimate that, if these results are applicable to other soils, the charcoal sink in boreal forest soils amounts to 1 peta gram of carbon, which is equivalent to 1% of the plant carbon stock in boreal forests.

doi: 10.1038/ngeo617

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度