Research press release

堆肥が問題

Nature Geoscience

Manure matters

堆肥生産は、1860年以来、人類活動により生成される中で4番目に重要な温室効果ガスである亜酸化窒素濃度を増加させる重要な要因であった、とNature Geoscience(電子版)に報告される。

大気中の亜酸化窒素(笑気としても知られる)の濃度は、産業革命以降に大きく増加した。E Davidsonは、モデルを用いて亜酸化窒素放出源を調べ、動物性堆肥生産の増加が過去1世紀半にわたる亜酸化窒素増加の大部分を説明することを示した。

Davidsonは、世界中の肉に対する需要の増加を考えると、堆肥からの亜酸化窒素放出は管理する必要があると結論している。

Manure production has been a key driver of increasing concentrations of nitrous oxide ― the fourth most important greenhouse gas produced by human activity ― since 1860, according to a study published online in Nature Geoscience.

Atmospheric concentrations of nitrous oxide ― also known as laughing gas ― have risen significantly since the industrial revolution. Eric Davidson uses a model to examine the sources of nitrous oxide emissions. He shows that an increase in animal manure production explains a large proportion of the increase in nitrous oxide over the last century and a half.

He concludes that, given the increasing global demand for meat, nitrous oxide emissions from manure must be managed.

doi: 10.1038/ngeo608

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度