Research press release

緯度とともに変化する海洋逆転

Nature Geoscience

Ocean overturning varies with latitude

大西洋の逆転循環は、これまで考えられていたように単一の鉛直方向の対流セルからできているわけではなく、低緯度と高緯度の間で強度が変化していると、 Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。大西洋逆転循環は熱帯の海水から熱を北向きに輸送し、気候が温暖化するにつれて速度が遅くなると予想されていた。

S Lozierらは、船舶による観測と数値モデルを一緒に用いて、20世紀後半の大西洋の特性変化を調べた。彼女たちは、大西洋逆転循環がこの時期の亜熱帯ではやや弱くなっているが、さらに北の亜極域ではやや強くなっていることを見つけた。大西洋逆転循環は単一の周回流とは考えられないと結論しており、観測された変化はおそらく気候変動度を反映しており気候変動の傾向とは一致しないことを示唆している。

「Lozierらは、大西洋子午線逆転循環の緯度に依存した変化に対して明確な証拠を提供している」と、A M de BoerがNews & Viewsで述べている。

The overturning circulation in the Atlantic ocean does not consist of a single vertical circulation cell, as previously thought, but varies in strength between low and high latitudes, shows a study online this week in Nature Geoscience. The Atlantic overturning circulation transports heat from tropical waters northwards and has been projected to slow down as the climate warms.

Susan Lozier and colleagues investigated changes in the properties of the Atlantic ocean over the second half of the twentieth century using ship-based observations along with a numerical model. They found that the Atlantic overturning circulation has slightly weakened in the subtropics over this period, but has become slightly stronger further north, in the subpolar region.

The authors conclude that the Atlantic overturning circulation cannot be viewed as a single loop current, and suggest that the observed changes probably reflect climate variability and not a consistent climate trend.

“Lozier et al. provide clear evidence for latitude-dependent changes in the Atlantic meridional overturning circulation”, says Agatha M. de Boer in an accompanying News & Views article.

doi: 10.1038/ngeo947

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度