Research press release

地震を起こす

Nature Geoscience

To set off an earthquake

巨大地震は、地質学的状況にかかわらず世界中で遠地の小地震の引き金になりうる、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が報告している。この研究によれば、地震波の表面波が通過することによる地球の地殻の変形が引き金となって地震が発生する現象は一般的で広くみられるものなのだという。

T Parsonsらは、全球および地域的な地震カタログを解析し、引き金となって起きたと考えられる小地震を同定した。1990年以降に起きた15個の巨大地震のうち12個は、世界中で小地震を誘発させた表面波を生成したことを発見した。例えば、2004年12月のスマトラ-アンダマン諸島超巨大地震は、はるか遠くアラスカ、カリフォルニア、エクアドルで小地震を引き起こしたのである。

この研究は、これまではほとんど関心を払われなかった、世界中で誘発された地震を同定している。この現象が観測されているテクトニクス的状況及び誘発を起こした地震波が多岐にわたっていることは、多くの異なった物理メカニズムが関係していることを示唆している。

A large earthquake can trigger distant smaller earthquakes throughout the world, independent of geologic setting, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The study suggests that earthquake triggering ? caused by deformation of the Earth’s crust as a result of the passage of surface seismic waves ? is a common and widespread phenomenon.

Tom Parsons and colleagues analysed global and regional earthquake catalogues to identify small earthquakes indicative of triggering. They found that 12 out of 15 large earthquakes that had occurred since 1990 generated surface waves that in turn set off smaller quakes around the world. For example, the December 2004 mega-earthquake at the Sumatra?Andaman islands triggered small earthquakes as far away as Alaska, California and Ecuador.

This study identifies triggered earthquakes around the world that would otherwise have escaped attention. The variety of tectonic settings and triggering waves observed in relation to this phenomenon implies that many different physical mechanisms are involved.

doi: 10.1038/ngeo204

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度