Research press release

上向きの雷光

Nature Geoscience

Upwards lightning

雷雲の頂上から高度90 kmまで上向きに広がる雷光の稲妻は、雲から地上へ伸びる稲妻と電荷の輸送という点では同じ強度をもっている、とNature Geoscience(電子版)に発表された研究が示している。巨大なジェットとして知られている稲妻は、雷雨と地球大気最上層との間で直接的に電気的連結が起きていることの明瞭な証拠となる。

S Cummerらは、明かりの暗いビデオ映像と同時に行われた巨大ジェットの低周波磁場測定とを組み合わせて、巨大ジェット中の電荷輸送と極性を見積もった。測定結果はジェットが負の極性をもつことを裏付けており、Cummerらは、巨大ジェット中の電荷輸送はこれまでに観測された値よりもかなり大きいと結論している。

Lightning strokes that extend upwards from the top of thunderclouds up to altitudes of 90 km can be of similar strength in terms of charge transfer as cloud-to-ground lightning strokes, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. The lightening strokes, known as gigantic jets, are the clearest evidence of direct electrical coupling between thunderstorms and the highest layers of the Earth's atmosphere.

Steven Cummer and colleagues combined low-light video images with simultaneous low-frequency magnetic field measurements of a gigantic jet to estimate the charge transfer and polarity in the gigantic jet. The measurements confirm a negative polarity for the jet, and the researchers conclude that the charge transfer in gigantic jets can be substantially larger than observed previously.

doi: 10.1038/ngeo607

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度