Research press release

ハイチ地震の歴史

Nature Geoscience

History of Haitian earthquakes

大被害を出した2010年ハイチ地震とは異なり、18世紀に起きた前兆的地震は地震に関係している主断層系の近くで地表を破壊したとの報告が寄せられている。これらの観測は、断層系が今でもポルトー・プランス周辺地域に大きな地震危険度を課している可能性があることを示している。

C Prenticeらは、リモートセンシングと野外調査を用いて、2010年1月12日ハイチ地震、あるいはその前兆的地震に関連した地表のずれの分布を求めた。Prenticeらは、おそらく1751年と1770年に同じ断層系で起きた2つの大地震の1つにより地層がずれた9本の線状構造を報告しており、これらの地震が地表を破壊したことを示唆している。

この発見は、過去250年の間に蓄積された歪みのすべてが1月に起きた地震の際に解放されたわけではないことを示している。

Unlike the devastating 2010 Haiti earthquake, an eighteenth-century precursor event ruptured the surface near the main fault system implicated in the earthquake, reports a study published online this week in Nature Geoscience. These observations suggest that the fault system may still pose a significant seismic risk to the region around Port-au-Prince. This paper is published as part of Nature Geoscience’s special issue on the Haiti earthquake.

Carol Prentice and colleagues used remote sensing and field investigations to map any offset of the land surface associated with the Haiti earthquake of 12 January 2010, or a precursor event. They documented nine streams whose beds had been offset, probably by only one of the two large earthquakes that occurred on the same fault system in 1751 and 1770, respectively, implying that these events ruptured the land surface. However, the devastating 2010 quake did not leave a surface trace.

The findings suggest that not all the strain accumulated over the past two-and-a-half centuries or so was released during the event in January.

doi: 10.1038/ngeo991

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度