Research press release

600年前の熱帯降雨の移動

Nature Geoscience

Tropical rain shift 600 years ago

小氷期の間、環熱帯降雨帯の太平洋の部分は、現在の位置よりも最大500 km南にあった。Nature Geoscience(電子版)に発表される研究は、この結果が、(アフリカ、アジアおよび南米で多くの人が最低限の農業を維持するために依存している)熱帯降雨のパターンは地球の放射収支の小さな変化に極めて敏感に応答していることを示している。

J Sachsらは、東部、中央部、および西部赤道太平洋のそれぞれ3か所の島で、その島の雨期と乾期を決めるために、湖の堆積物について微生物学的、分子、および同位体を用いた分析を行った。これら3か所で湿度の高い時期と決定された期間は、熱帯収束帯(最も活発な降雨が起こっている場所)は、紀元1400~1850年の間には現在よりもかなり南にあったことを示唆している。この時期には、おそらく太陽放射が低かったために、ヨーロッパの気温は比較的寒冷であった。

During the Little Ice Age, the Pacific section of the circumglobal tropical rainbelt was up to 500 km south of its present position. Published online in this week's Nature Geoscience, these results indicate a very sensitive response of tropical rainfall patterns ― which many people in Africa, Asia and South America rely on for subsistence agriculture ― to small changes in Earth's radiation budget.

Julian Sachs and colleagues use microbiological, molecular and isotopic analyses of lake sediments from three islands in the eastern, central and western equatorial Pacific Ocean, respectively, to determine wet and dry periods on each island. The periods of humidity they identify in the three locations suggest that the intertropical convergence zone ― which marks the position of the most vigorous rainfall events ― were substantially further south than today between about ad 1400 and 1850. At this time, European temperatures were relatively cool, possibly owing to low solar radiation.

doi: 10.1038/ngeo554

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度