Research press release

広範な火山活動に関連した三畳紀とジュラ紀の植物絶滅

Nature Geoscience

Triassic-Jurassic plant extinction related to extensive volcanism

2億年前にヨーロッパで起きた陸上植物の入れ替わりは、大規模な火山活動が引き金となった環境変動により引き起こされた、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。

三畳紀とジュラ紀の境界で起きた大量絶滅は、過去に5回起きた最大の絶滅の1つと考えられているが、特に陸上におけるその原因はよくわかっていなかった。

B van de Schootbruggeらは、岩石コアを用いて現在のドイツとスウェーデン南部における生態系と環境変動を再現した。彼らは、火山活動が増加するにつれて、三畳紀の青々とした森林がより丈夫なシダ、スギナ、コケの群生に置き換わっていったことを見つけた。地球化学分析は、玄武岩溶岩と有機物質の相互作用により生成された有毒化学物質がヨーロッパ全体に堆積したことを示している。

Schootbruggeらは、森林の減少は、火山活動で大量に放出された二酸化炭素により引き起こされた気候変動と、このような環境性毒物が組み合わさって起きたと結論している。

The turnover of land plants in Europe 200 million years ago was driven by environmental changes triggered by massive volcanic activity, according to a study published online this week in Nature Geoscience.

The mass extinction at the boundary of the Triassic and Jurassic periods is considered to be one of the five largest extinctions, but its causes, particularly on land, have remained elusive.

Bas van de Schootbrugge and colleagues used cores of rock to reconstruct the changing ecology and environment in what is now Germany and southern Sweden. They found that as volcanic activity increased, the lush Triassic forests were replaced by a hardier assemblage of ferns, horsetails and mosses. Geochemical analyses indicated that toxic chemicals ― generated by the interaction of basalt lava and organic matter ― were deposited throughout the European region.

The authors conclude that the decline of the forests was caused by these environmental toxins, combined with climate change triggered by massive release of carbon dioxide from the volcanic activity.

doi: 10.1038/ngeo577

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度