Research press release

氷の生物学

Nature Geoscience

The biology of ice

バクテリア、キノコの胞子、植物物質などの生物学的粒子は、雲中の氷形成の引き金となることを示す研究が、Nature Geoscience電子版に発表される。空中にある粒子が雲氷の形成に果たす役割は、気候変動予測の不確定性を生み出す最大の要因の一つとして長年の課題であり、このことは重要である。

Kim Pratherたちは、新しく開発した質量分析計を飛行機に積み込み、ワイオミング州上空の雲の中で大気中の氷を形成する粒子の化学組成を調べた。その結果、氷を形成する粒子の33%を生物学的粒子が、また50%を鉱物の塵が占めていることを発見した。

全球エアロゾルモデルにより、研究チームは、生物学的粒子は砂漠の嵐に応答して形成される雲氷の生成を強化することになると示唆している。

Biological particles, such as bacteria, fungal spores and plant material, trigger ice formation in clouds, suggests a study published online in Nature Geoscience. The finding could prove important because the effect of airborne particles on the formation of cloud ice is one of the largest remaining sources of uncertainty in climate change projections.

Kim Prather and colleagues loaded a newly developed mass spectrometer onto an aircraft and examined the chemical composition of atmospheric ice-forming particles in a cloud over Wyoming. They found that biological particles accounted for 33% of the ice-forming particles, and mineral dust accounted for 50%.

Using a global aerosol model the team suggest that biological particles can enhance the formation of cloud ice that forms in response to desert storms.

doi: 10.1038/ngeo521

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度