Research press release

パタゴニア氷河期の塵輸送機械

Nature Geoscience

Patagonian glacial-age dust machine

パタゴニア氷河が2万1,000年前に急に後退したことは、南極大気中への塵の供給が止まったことを意味する、とNature Geoscience(電子版)の論文が示している。現在まで、南極氷コア中の塵が急激に減少した原因は、それがこれまでに分かっている南極の気温や降水量などの変動よりも先に起きているので、良く分かっていなかった。

D Sugdenらは、パタゴニアのティエラ・デル・フエゴ地域で過去8万年間の氷河変動を放射性同位体を用いて再現した。彼等は、氷河が、南極氷コア中の塵の量が減少しているのと同じ時期である2万1,000年前に後退を始めたことを発見した。研究チームは、氷河が最も広がっていたときには、氷河は塵として動きうる地域に堆積物を輸送し、南極にまで届いていたと考えている。氷河が後退したときには、その代わりに堆積物はパタゴニアの湖に閉じこめられたのである。

The sudden retreat of Patagonian glaciers 21,000 years ago cut off the supply of atmospheric dust to Antarctica, suggests a paper online this week in Nature Geoscience. Until now, the cause of the abrupt decline in dust in Antarctic ice cores was not understood, as it precedes any recognizable changes in Antarctic temperature or precipitation.

David Sugden and colleagues used radioisotopes to reconstruct the history of glaciers in the Tierra del Fuego region of Patagonia for the past 80,000 years. They found that the glaciers began to retreat 21,000 years ago ― the same time as dust levels in Antarctic ice cores dropped off. The team suggests that when the glaciers were at their maximum extent, they were delivering sediment to areas where it could be mobilized as dust and transported to Antarctica. When the glaciers retreated, the sediment was instead trapped in lakes in Patagonia.

doi: 10.1038/ngeo474

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度