Research press release

最近の南極気候変動の複雑性

Nature Geoscience

Complexity of recent Antarctic climate change

西南極と南極半島は最近劇的な気候変動を被っているが、変化のすべてが過去2千年間に見られた自然変動の幅の外側にある訳ではないという報告が、オンライン版に掲載される。

Nerille AbramとRobert Mulvaneyたちは、過去1000年にわたる氷コアを用いて過去50年間の南極半島における夏季の氷融解増大に対する歴史的状況を評価した。融解と凍結の徴候を示す層を見ることで、彼らは過去数十年の氷融解量は過去1000年間には見られないものであることを見つけた。

それとは対照的に、Eric Steigたちは西南極の氷コアアレイを用いて氷自体の同位体の徴候を調べた。モデルシミュレーションを用いて、彼らは、最近数十年の氷の同位体組成は熱帯太平洋の気候変動度と関連性があることを示した。彼らは、過去50年間の氷の同位体組成は過去2000年間のものと比べると異常であることを見つけた。しかしながら、彼らはこの同位体変化をもたらす太平洋の変動度は自然変動の幅を超えたものではないと述べている。

West Antarctica and the Antarctic Peninsula have recently undergone dramatic climate change, but not all of the changes are outside the range of natural variability seen in the past two millennia, report two papers published online this week in Nature Geoscience.

Nerilie Abram, Robert Mulvaney and colleagues assessed the historical context for the increase in summer ice melt in the Antarctic Peninsula over the past 50 years, using an ice core that spanned the last 1,000 years. By looking for layers that show signs of melting and refreezing, they find that the amount of ice melt in recent decades has been unprecedented over the past 1,000 years.

In contrast, Eric Steig and colleagues looked at the isotopic signature of the ice itself, using an array of ice cores from West Antarctica. Using model simulations, they show that the isotopic composition of ice in recent decades is related to variability in climate in the tropical Pacific Ocean. They find that the isotopic composition of the ice over the past 50 years is unusual when compared with the past 2,000 years. They note, however, that the Pacific variability that drove these isotopic changes was not outside the range of natural variability.

doi: 10.1038/ngeo1787

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度