Research press release

熱帯森林は地球温暖化から回復する?

Nature Geoscience

Tropical forests resilient to global warming?

熱帯森林は、21世紀にわたる温室効果ガス放出に応答してバイオマスを失うことはないことを示唆するモデルシミュレーションが、今週オンライン版に掲載される。特に、地球温暖化に応答した植物の生理学的応答に関して不確定はかなりあるが、この研究は気候が原因となった熱帯森林の損傷はこれまで考えられていたよりも小さいことを示している。

Chris Huntingfordたちは22個の気候モデルによるシミュレーションを用いて、アメリカ、アフリカ、アジアの熱帯森林の温室効果ガスが原因となった気候変動に対する応答を調査した。彼らは、ただ一つのモデルで森林被覆の損失を、唯一アメリカにおいてのみ見つけた。研究者等は、モデルの間での植物生理学的過程の違いが、放出シナリオの選択やさまざまな気候予測の間の差よりも、この予想における最大の不確定性の原因となっていることも見つけた。

Tropical forests are unlikely to lose biomass in response to greenhouse gas emissions over the twenty-first century, suggest model simulations published in a study online this week in Nature Geoscience. Despite considerable uncertainty, in particular regarding plant physiological responses to global warming, this work suggests that climate-induced damage to tropical forests will be lower than previously thought.

Chris Huntingford and colleagues used simulations with twenty-two climate models to explore the response of tropical forests in the Americas, Africa and Asia to greenhouse-gas-induced climate change. They found loss of forest cover in only one model, and only in the Americas. The researchers also found that inter-model differences in plant physiological processes represent the largest source of uncertainty in the projection, ahead of the choice of emission scenario and differences between various climate projections.

doi: 10.1038/ngeo1741

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度