Research press release

淡水での放出を抑制する捕食者

Nature Geoscience

Predator suppression of freshwater emissions

捕食者は淡水での二酸化炭素放出を抑制すると今週のオンライン版に発表された研究が報告している。この発見は、将来の捕食者の多様性と存在度の変化は淡水における炭素循環に重要な意味を持つことを示唆している。

Trisha Atwoodたちは、カナダとコスタリカの多くの実験淡水系で捕食魚と無脊椎動物のレベルを操作して二酸化炭素放出を監視した。彼らは、すべての系で、捕食者の種類や気候および生態系にかかわらず、捕食者が存在すると炭素放出が低くなることを見つけた。

Predators suppress freshwater carbon dioxide emissions, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that future changes in the diversity and abundance of predators could have consequences for freshwater carbon cycling.

Trisha Atwood and colleagues manipulated levels of predatory fish and invertebrates in a number of experimental freshwater systems in Canada and Costa Rica, and monitored carbon dioxide emissions. They found that carbon emissions were much lower in the presence of predators in all systems, despite differences in predator type, climate and ecological zone.

doi: 10.1038/ngeo1734

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度