Research press release

古代海洋のストレスに対するプランクトンの応答

Nature Geoscience

Plankton response to ancient ocean stress

5600万年前の急速な全球温暖化と海洋酸化が進んだ時期に、同じ海洋プランクトン集団に属する異なった種がさまざまなレベルの成功を示したという報告が今週オンライン版に掲載される。異なった種がこのように多様な応答をしたことでその進化の成功に影響を及ぼしたようである。

Samantha Gibbsたちは、室内実験を用いて成長が急な時期と遅い時期における現在の円石藻(カルサイトを生成する小さな植物プランクトン)の形態を監視した。この基準を化石記録に適用して、彼らは現代の海洋で進化した血統が豊富である種は温度極大期においても成長と繁殖を続けるが、現在、限定された範囲と発生量を示す種の祖先はあまりうまくいかなかったことを示している。

Different species of the same group of marine plankton exhibited varying levels of success during a period of rapid global warming and ocean acidification 56 million years ago, reports a paper published online in Nature Geoscience. This divergent response of the different species seems to have influenced their evolutionary success.

Samantha Gibbs and colleagues used laboratory experiments to monitor the morphology of modern coccolithophores - tiny calcite-producing phytoplankton - during periods of rapid and slow growth. Applying this metric to the fossil record, they find that a species whose evolutionary lineage is prolific in the modern oceans continued to grow and reproduce throughout the thermal maximum, whereas the forbear of a species with a more limited range and abundance today did less well.

doi: 10.1038/ngeo1719

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度