Research press release

土壌の煤は陸上からの二酸化炭素放出に影響を与える

Nature Geoscience

Black carbon in soils affects terrestrial carbon dioxide release

オーストラリアのサバンナと草原の土壌から温度の上昇に伴って放出される二酸化炭素の量は、Nature Geoscience(電子版)の研究によれば、これまで予測されていたよりも低いらしい。1年を通じて土壌の有機炭素から放出される二酸化炭素は、人工的な二酸化炭素放出量をすべて足し合わせた量よりも1桁大きく、地球温暖化と共に増加すると予想されている。

J Lehmannらは、オーストラリア全域の何百もの地点で保存されていた土壌試料を解析した。彼らの解析によると、野火により生成される煤が全土壌炭素のかなりの部分を占めている。この観測に基づく土壌中の煤の見積もりを地域的な土壌モデルに用いると、3℃の温暖化シナリオに基づいたオーストラリアの2カ所のサバンナ地域から放出される二酸化炭素の予測量は、それぞれこれまでの計算よりも18.3%と24.4%低いことになる。

しかしながら研究チームは、土壌湿度や野火の頻度の変化などその他の気候変動に対する応答は、土壌中の煤の生産と保存に影響を与える可能性がある、と警告している。

The amount of carbon dioxide released from Australian savannah and grassland soils as temperatures rise may be lower than previously predicted, according to a study online in Nature Geoscience. Annual emissions of carbon dioxide from soil organic carbon are an order of magnitude greater than all human-made carbon dioxide emissions taken together, and are expected to increase as the Earth warms.

Johannes Lehmann and colleagues analysed soil samples stored in archives from hundreds of sites across Australia. According to their analyses, black carbon, which forms in wildfires, comprises a significant proportion of the total soil carbon. When these observation-based estimates of black carbon in soil were used in regional scale soil models, the amount of carbon dioxide predicted to be released from two Australian savannah regions under a 3?C warming scenario was 18.3% and 24.4% lower than previously calculated.

However, the team cautions that other responses to climate change, such as changing soil moisture and wildfire frequency, could affect the production and storage of black carbon in the soil.

doi: 10.1038/ngeo358

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度