Research press release

王を殺した地震

Nature Geoscience

Quake that killed the king

カトマンズに破滅的被害をもたらし、ネパールのアバヤ・マラ王が亡くなった1255年の大ヒマラヤ地震は、後に1934年に起きた地震と同様に地球の表面を破壊したことが示された。以前は、大ヒマラヤ地震は地球の表面を破壊することはほとんど出来なかったと考えられていた。

Laurent Bollingerたちは、インドとアジアの二つのテクトニック・プレートを結びつけている主要な断層に沿った動きによりネパールの河川堆積物にずれが生じていることを検出した。放射性炭素年代決定を用いて、彼らは1255年と1934年に起きた大地震によりずれが生じたことを示しており、二つの地震が地表まで破壊が達したことを示唆している。この発見は、インドアジアの間の現在も続いている衝突の結果として地殻内に蓄積された歪みは数百年おきに発生する大地震の際に解放されていることを示唆している。

関連するNews and Viewsの記事でThomas Rockwellは「将来の研究で破壊の詳細を把握することは、世界中で最も人口密度の高い地震発生帯の1つで起きる地震災害に対する、より完全な見通しを作るために役立つ」と書いている。

The great Himalayan earthquake of 1255 that devastated Kathmandu, killing Nepalese King Abhaya Malla, ruptured the Earth’s surface, as did a later quake in 1934, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Previously, great Himalayan quakes were thought to be largely incapable of breaking the Earth’s surface.

Laurent Bollinger and colleagues detected river deposits in Nepal offset by movements along the main fault bounding the Indian and Asian tectonic plates. Using radiocarbon dating, they show that the offsets were caused by great earthquakes that occurred in 1255 and 1934, indicating that both quakes ruptured the surface. The findings imply that strain that builds up in the Earth’s crust as a result of the ongoing collision between India and Asia is released during great quakes every few hundred years.

In an accompanying News and Views article, Thomas Rockwell writes: “Pinning the details of the rupture down in future work could help to develop a more complete view of the earthquake hazard in one of the most densely populated seismic zones in the world.”

doi: 10.1038/ngeo1669 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度