Research press release

海洋メタン生産

Nature Geoscience

Oceanic methane production

好気性バクテリアは温室効果ガスであるメタンを世界中の海洋の表層水中で生成する、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示唆している。研究によれば、海洋のメタン生産は気候変動に応答して増加する可能性があり、正のフィードバックループによって大気中により多くのメタンを放出することになるという。

D Karlらは、ハワイ沖で収集された海水試料中のメタン生産を測定した。その結果、海洋バクテリアは酸素を含んだ海水中のリン酸塩を含んだ化合物を分解して、副産物としてメタンを生産することがわかった。メタン生産はリン酸塩に枯渇した水の中で最大になる。

海洋上層は大気に比べてメタンに富むことが知られているが、このメタンの正確な生成源は研究者を混乱させてきた。ガスの生産はこれまでは海洋表面とは違って酸素を伴わない環境に限定されると考えられてきた。

Aerobic bacteria could produce the greenhouse gas methane in the surface waters of the world’s oceans, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. The research indicates that marine methane production may increase in response to climate change, releasing more methane into the atmosphere in a positive feedback loop.

David Karl and colleagues measured methane production in seawater samples collected off the coast of Hawaii. They found that marine bacteria break down a phosphate-containing compound in oxygenated seawater, producing methane as a by-product. They found that methane production was greatest in phosphate-depleted waters.

The upper oceans are known to be rich in methane, relative to the atmosphere, but the precise source of this methane has perplexed researchers. Production of the gas was previously thought to be limited to oxygen-free environments unlike the sea surface.

doi: 10.1038/ngeo234

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度