Research press release

水を追跡し続ける

Nature Geoscience

Keeping track of water

北米と北ヨーロッパに蓄えられた水の量は過去10年間に増加したという報告が今週号のオンライン版に発表される。この発見は、海水面上昇の正確な予測に重要となる陸上に蓄えられた水の量の研究に、人工衛星データをどのように用いることが出来るかを実証している。

Hansheng Wanngたちは、地球重力場についての人工衛星測定を用いて過去10年間にわたる北米とスカンディナビアの大陸に蓄えられた水の量の変化を追跡した。彼らは、2003年以降これらの場所における大陸水の蓄えはわずかに増加したことを示している。

この研究は、2012年12月3日に公表されるNature GeoscienceとNature Climate Changeの水利用可能性に関する共同ウェブの一部を構成している。

The amount of water stored in North America and northern Europe increased over the last decade, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The findings demonstrate how satellite data can be used to study changes in water storage on land, which is essential for accurate projections of sea-level rise.

Hansheng Wang and colleagues used satellite measurements of the Earth’s gravity field to track changes in continental water storage in North America and Scandinavia over the last decade. They show that continental water storage has grown slightly in both these places since 2003.

The study will form part of a collaborative web focus on water availability published by Nature Geoscience and Nature Climate Change on 3 December 2012.

doi: 10.1038/ngeo1652

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度