Research press release

古代の突発的洪水

Nature Geoscience

Ancient outburst flooding

最終間氷期の間に起きたカナダ氷河湖からの大規模な突発的洪水は、北大西洋のラブラドル海にまで堆積物を輸送したと、今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された論文が報告している。この事象は約8400年前に起きて北半球で寒冷化を起こした突発的洪水と類似しているようである。

Joseph Nicholl等は、最終間氷期の125,000年前から119,000年前の間にラブラドル海に堆積した海洋堆積物を調べた。彼らは、ハドソン湾で得られた堆積物に異常に赤い堆積層があることを同定した。この赤い堆積層は、北米氷床の融解により満たされた大陸湖から大量に流出した水により堆積したと考えるのがもっともらしい。洪水層の年代決定は困難であるが、著者等はこれまでに北大西洋で同定されている寒冷化時期に対応している可能性があると示唆している。

A massive outburst flood from a Canadian glacial lake during the last interglacial period transported sediment across the Labrador Sea in the North Atlantic, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. This event seems to be analogous to a similar outburst flood that occurred about 8,400 years ago and caused cooling across the Northern Hemisphere.

Joseph Nicholl and colleagues examined marine sediments from the Labrador Sea, deposited during the last interglacial, between 125,000 and 119,000 years ago. They identified an unusual red layer of sediments derived from the Hudson Bay. These red sediments were most likely deposited during a massive outpouring of water from a continental lake that was filled by the melting North American ice sheet. The flood layer proved difficult to date, but the authors suggest that it may correspond to a period of cooling previously identified in the North Atlantic.

doi: 10.1038/ngeo1622

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度