Research press release

短命な膨張

Nature Geoscience

Ephemeral inflation

ギリシャのサントリニ火山下浅部地殻にあるマグマ溜まりは短命であると今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された研究が報告している。この発見は、サントリニ火山における噴火は浅部地殻に大量のマグマが急速に供給されることが引き金になっていることを示唆している。

David Pyleたちは、人工衛星と陸上調査データを用いて1950年代に起きた最後の噴火以降の地下にあるマグマ溜まりの体積変化を評価した。彼らは、マグマ溜まりの体積は2011年1月までは比較的安定していたが、1000万から2000万立方メートルのマグマがマグマ溜まりに付加されると火山が膨張したことを示している。これまでは、このような浅部のマグマ溜まりは寿命が長く、地下から少量のマグマのかたまりを連続的に供給されていると考えられていた。

関連するNews and Viewsの記事でAndrew Hooperは次のように述べている、「サントリニ火山で得られた新しい観測は浅部に継続的にマグマ溜まりが存在する可能性を排除するものではない。しかしながら、噴火に至るマグマの大部分は短いパルスによって浅部へと移動していることを示している。」

A magma reservoir in the shallow crust beneath Santorini Volcano in Greece may be a short-lived feature, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that eruptions at Santorini are triggered by the rapid injection of large volumes of magma into the shallow crust.

David Pyle and colleagues used satellite and land-survey data to assess changes in the volume of the subsurface magma chamber since the volcano’s last eruption in the 1950s. They show that the chamber volume remained relatively stable until January 2011, when between 10 and 20 million metres cubed of magma were added to the reservoir, causing the volcano to inflate. Previously, such shallow magma reservoirs were thought to be long-lived features that were continually fed small batches of magma from below.

In an accompanying News and Views article, Andrew Hooper says: “The new observations from Santorini do not preclude the existence of a permanent shallow magma body. They do, however, suggest that most of the magma that goes on to erupt is transferred to shallow depths in short pulses.”

doi: 10.1038/ngeo1562

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度