Research press release

硫化物に汚染された古代海洋

Nature Geoscience

Ancient ocean sulphide poisoning

2億百万年前の三畳紀末期に起きた大量絶滅事件の際には、浅海は硫化水素によって汚染されていたと、今週号のNature Geoscience (オンライン版)に発表された論文が報告している。汚染によってジュラ紀初期の海洋生態系の回復が遅くなった可能性がある。

Bas van de Schootbruggeたちは、三畳紀末期に起きた大量絶滅事件における浅海海洋生態系を、その当時に形成された岩石中に保存された情報を用いて繋ぎ合わせた。彼らは、硫化水素で成長する細菌が存在した証拠を見つけたが、これは海洋が硫化水素に富んでいたことを示唆している。このような特定の細菌は硫化水素で成長するが、ほとんどの海洋生物にとっては毒物であり、大部分はこの時代に絶滅したことが知られている。

Shallow oceans were poisoned by hydrogen sulphide during a mass extinction event at the end of the Triassic period, 201 million years ago, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The poisoning may have slowed the recovery of marine ecosystems during the early Jurassic period.

Bas van de Schootbrugge and colleagues pieced together shallow marine ecosystems during the extinction at the end of the Triassic period, using information stored in rocks formed at the time. They find evidence of a bacterium that thrives on hydrogen sulphide, indicative of a hydrogen-sulphide-rich ocean. Although these particular bacteria thrive on it, hydrogen sulphide is poisonous to most marine organisms, many of which are known to have gone extinct during this period.

doi: 10.1038/ngeo1539

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度