Research press release

振り出しに戻る

Nature Geoscience

Full circle

中国からの土壌性ダストは13日間で全球を1周以上まわった、とNature Geoscience(電子版)に発表される。この発見は、ある地域で発生したダストは世界中の多くの場所に影響を及ぼしうることを物語っている。

九州大学の鵜野伊津志らは、人工衛星とモデルのデータを用いて、中国のタクラマカン砂漠で2007年5月に起きたダストは、高度8〜10 kmまで運ばれ、地球を1周以上輸送されたことを示した。ダストが北西太平洋に2度目に到達したときに、高気圧による沈降のために、下層大気へ下降し、その一部は海洋に降下した。

この解析は、ダスト粒子が高高度の氷雲の形成の引き金になっている可能性も示唆している。

Dust clouds from China were transported more than one full circle around the globe in 13 days, according to a study published online in Nature Geoscience. The findings illustrate that dust clouds generated in one region could have effects on many parts of the world.

Itsushi Uno and colleagues used satellite and model data to show that a storm in China's Taklimakan Desert in May 2007 generated dust clouds that were lifted 8-10 km above the Earth's surface, and transported more than one full circle around the Earth. When the dust reached the north-western Pacific Ocean for a second time, the subsidence of a high-pressure system caused the dust-laden clouds to descend into the lower atmosphere and some of the dust was then deposited in the ocean.

The analysis also suggests that the dust particles may have triggered ice formation in the high-altitude clouds.

doi: 10.1038/ngeo583

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度