Research press release

海洋の炭素捕獲

Nature Geoscience

Marine carbon capture

大気二酸化炭素の海洋への吸収は、風や海流などの気候に敏感な物理的要因に依存していると今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。海洋は人類活動により毎年放出されている二酸化炭素の約25%を吸収することにより気候変動の進行を遅くしているが、吸収の正確なメカニズムはよく分かっていない。この発見は、このような吸収は気候変動度と変化に敏感である可能性があることを示唆している。

Jean-Baptiste Sallee等は、観測に基づいた海水質量移動と二酸化炭素濃度の見積もりを用いて、南洋における二酸化炭素封鎖を支配する物理的過程を検証した。彼らは、人類由来の二酸化炭素は、海流、風及び局所的混合の相互作用により、南洋の特定の場所で海洋内部へと輸送されることを示している。

Oceanic uptake of atmospheric carbon dioxide depends on climatically sensitive physical factors, such as winds and ocean currents, reports a study published online in Nature Geoscience this week. The oceans slow the rate of climate change by absorbing around 25% of the carbon dioxide emitted by human activities each year, but the exact mechanism of uptake has remained unclear. The current findings suggest that this uptake could potentially be sensitive to climate variability and change.

Jean-Baptiste Sallee and colleagues examined the physical processes governing the sequestration of carbon dioxide in the Southern Ocean, using observation-based estimates of water mass movements and carbon dioxide concentrations. They show that human-derived carbon dioxide is transported into the ocean interior at specific locations in the Southern Ocean, due to the interplay between currents, winds and local mixing.

doi: 10.1038/ngeo1523

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度