Research press release

2000年代に対する1930年代のグリーンランド氷河の後退

Nature Geoscience

Greenland glacier retreat 1930s versus 2000s

海に到達しているグリーンランド南東部の氷河は、1930年代に比べて過去10年間にはより早く後退していると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。二つの期間において大気と海洋の温度は似ており、異なった氷河種の温暖化に対する感度が変化したことを示唆している。

Anders Bjork等は、第二次世界大戦時にアメリカ軍が撮影した航空写真と人工衛星画像のみならず、1932-33年にグリーンランド南東部の海岸を系統的に調査した歴史的航空写真を整理し、過去80年にわたるグリーンランド南東部の縁辺地域における変動を研究した。彼らは、全体的な氷河の後退は1930年代の温暖期には2000年代と同様に活発であったことを見つけた。しかしながら、異なった氷河種の温暖化に対する応答は異なっていた。

関連するNews and Viewsの記事でBenjamin Smithはこの研究が「2000年代の(グリーンランド氷河の)後退は、氷床の温暖な大気と海洋温度に対する典型的応答を示している」と書いている。

Southeast Greenland glaciers that reach the ocean retreated faster in the past decade than in the 1930s, whereas the opposite is true for land-terminating glaciers, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Air and ocean temperatures were similar during the two periods, indicating that the sensitivities of the different glacier types to warming have changed.

Anders Bjork and colleagues assembled historical aerial photographs taken in 1932-33 during a systematic survey of the southeastern Greenland coast, as well as air photos obtained by the US military during the Second World War and satellite images, to study changes in the southeastern Greenland margin over the past 80 years. They find that overall glacier retreat was as vigorous in the 1930s warming period as it has been in the 2000s. However, the response of different glacier types to warming varies.

In an accompanying News and Views article, Benjamin Smith writes that the research “indicates that the retreat [of Greenland glaciers] in the 2000s was a typical response of the ice sheet to warmer air and ocean temperatures”.

doi: 10.1038/ngeo1481

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度