Research press release

夏季の水銀発生源

Nature Geoscience

Summertime mercury source

極付近の河川は大量の水銀を夏季に北極海に運んでいると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が示している。研究者等は北極海に加わった水銀は、気候が原因となった河川の流れと永久凍土層の変化に極度に敏感となり得ると示唆している。

北極海の水銀濃度は夏の間に最大となり、海洋由来の食品に大きく依存している現地の人々の健康に懸念をもたらしている。Jenny Fisher等は全球モデルを用いて北極海の夏季に水銀をもたらす原因を特定した。彼らのシミュレーションによると、極付近の河川は大量の水銀を夏季に北極海に供給し、年間を通しても主要な水銀供給源となっている。

Circumpolar rivers deliver large quantities of mercury to the Arctic Ocean during summer, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The researchers suggest mercury loads in the Arctic Ocean could prove highly sensitive to climate-induced changes in river flow and permafrost thaw.

Mercury concentrations in the Arctic Ocean peak during summer months, posing a health concern to indigenous peoples, who rely heavily on marine-based diets. Jenny Fisher and colleagues used a global model to pinpoint the summertime source of mercury in the Arctic Ocean. According to their simulations, circumpolar rivers supply large quantities of mercury to the Arctic Ocean during summer, and constitute the dominant mercury source on an annual basis.

doi: 10.1038/ngeo1478

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度