Research press release

太陽の変化がヨーロッパを冷やす

Nature Geoscience

Solar shift cools Europe

約2800年前の急激なヨーロッパ寒冷化事象は、継続した太陽放射の減少と関連があったと今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。この発見は、太陽による強制力はヨーロッパの気候に短い時間スケールのみならず長いスケールでも影響を及ぼす可能性があることを示している。

太陽活動の変化は10年スケールの気候に影響を及ぼすが、より長い時間スケールとの関連性に対する証拠は欠落していた。Celia Martin-Puertas等はドイツで得られた湖の堆積物を分析し3300年前から2000年前の風の強さと太陽活動の年周変化を決定した。彼らは、約2800年前に太陽放射が急激に減少し関連して風の強さが変化したことを見いだした。気候モデルを用いて、彼らは太陽活動の減少が大気循環を変化させて風の強さを強化し、ヨーロッパの寒冷化をもたらしたことを示唆している。

An abrupt cooling event in Europe about 2,800 years ago was linked to a sustained reduction in solar radiation, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The finding indicates that solar forcing may influence European climate over long, as well as short, timescales.

Shifts in solar activity influence climate on a decadal timescale, but evidence for a link on longer timescales has been lacking. Celia Martin-Puertas and colleagues analysed lake sediments from Germany to determine annual variations in windiness and solar activity between 3,300 and 2,000 years ago. They observed a sharp reduction in solar radiation and a related shift in windiness around 2,800 years ago. Using climate models, they suggest that the reduction in solar activity altered atmospheric circulation, leading to intensified windiness and a cooling in Europe.

doi: 10.1038/ngeo1460

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度