Research press release

プレートの間のくさび

Nature Geoscience

Wedged between plates

東京の下にある太平洋テクトニック・プレートの断片は、この地域で繰り返し起きる大地震の原因かもしれないとNature Geoscience(電子版)に発表された研究が示している。断片はそこで接する様々なテクトニックプレートと混ざってプレート間の摩擦を増加させ地震発生段階が進む。

遠田晋次らは日本中央部で過去に起きた何十万もの地震の場所と分布を解析し孤立した断片を発見した。断片は、沈み込む時にプレート上に存在した大きな海底火山の抵抗にあって太平洋プレートを破壊すると示唆される。この、いくつかのプレートの境界に存在する断片が見つかったことで、日本中央部のテクトニクスはさらに複雑になっている。

A fragment of the Pacific tectonic plate beneath Tokyo may be the source of recurring large earthquakes in this region, according to research published online this week in Nature Geoscience. The fragment is jammed between the various tectonic plates that interact there, increasing friction between the plates and setting the stage for earthquakes.

Shinji Toda and colleagues found the discrete fragment by analysing the location and distribution of hundreds of thousands of past earthquakes that have occurred beneath central Japan. They suggest that the fragment broke off the Pacific plate as a result of the resistance of large submarine volcanoes that were present on the plate as it subducted.

The identification of this fragment further complicates the tectonic picture of central Japan, which sits at the boundary of several tectonic plates.

doi: 10.1038/ngeo318

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度