Research press release

人工的な窒素肥料の100年

Nature Geoscience

A century of artificial nitrogen fertiliser

アンモニア合成に対するハーバー・ボッシュ過程の結果として、何十億人の人々に食糧が供給され、何百万人もの人々が武器による争いで命を落とし、段階的に継続する環境変動が始まった、とNature Geoscience(電子版)に発表される特集記事が示している。フリッツ・ハーバーは100年前の1908年10月13日に特許を申請し、その仕事で1918年のノーベル化学賞を受賞した。

J W Erismanらは、ハーバーの発明が、過去100年間に社会にもたらした利点と、水や大気の汚染、温室効果ガスレベルの摂動、アンモニア生産と利用の桁外れの増加の結果もたらされた生物多様性の損失などの予期せぬ結果の影響を振り返っている。彼らは、今日の社会は窒素に基礎をおいた経済に依存しており、その結果、次の100年間に直面する可能性がある課題について論じている。

As a result of the Haber?Bosch process for the synthesis of ammonia, billions of people have been fed, millions have died in armed conflict and a cascade of environmental changes has been set in motion, suggests a feature article published online in Nature Geoscience. Fritz Haber filed his patent for the process 100 years ago, on 13 October 1908, and received the 1918 Nobel Prize in chemistry for his work.

Jan Willem Erisman and colleagues reflect on the influence that Haber’s invention has had on society over the past century, both the benefits and unintended consequences, such as the increase in water and air pollution, the perturbation of greenhouse-gas levels, and the loss of biodiversity that was to result from the colossal increase in ammonia production and use. They argue that today’s society is dependent on a nitrogen-based economy and discuss some of the challenges we are likely to face in the next 100 years.

doi: 10.1038/ngeo325

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度