Research press release

地下水水位が陸地の気候への応答を決定している

Nature Geoscience

Groundwater levels determine land response to climate

地下水の深さは、温度と降水の変化に対する陸域の相対的な敏感さを決定する、とNature Geoscience (電子版)に報告されるモデル研究が示している。シミュレーションによると、地下水の水位は、変動する気候における地下水の充填と枯渇を決定的に支配しているとのことである。

R MaxwellとS Kolletは、陸域の流れを積分した地下水の流れモデルを用いて、変動する気候の下での水とエネルギーの流れの間の相互作用について調べた。彼らは、重要な農業地域で渇水が起きやすい地域である米国グレートプレーンズ南部をケーススタディとして、気候を変動させた3種類の予想シミュレーションと現在のシミュレーションを比較した。

地下水水位の変化は、主に地表と地下に於ける水平方向の水の流れの結果生じているが、これは、これまでのモデルでは十分に考慮されてはいなかったのである。

Groundwater depth determines the relative susceptibility of land regions to changes in temperature and precipitation, finds a modelling study published online in Nature Geoscience. According to the simulations, groundwater levels critically control groundwater recharge and drought in a changing climate.

Reed Maxwell and Stefan Kollet used a groundwater flow model with integrated overland flow to examine the interplay between water and energy flows in a changing climate. They compared three scenario simulations with modified climate with a present-day simulation for a case study of the southern Great Plains, USA, an important agricultural region that is susceptible to drought.

Changes in groundwater level result mainly from lateral water flow at the surface and subsurface, and have not fully been taken into account in earlier models.

doi: 10.1038/ngeo315

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度