Research press release

沈み込み帯が分割した古太平洋

Nature Geoscience

Subduction divided the palaeo-Pacific Ocean

約2億年前の古太平洋には、一連の古代の沈み込み帯が存在した可能性があると今週号のNature Geoscience onlineに発表された論文が報告している。 Douwe van der Merr等は北米およびアジア大陸縁辺に沿ったところで見つかった岩石中に保存された地質学的データを編集した。データは、約2億年前に太平洋中央部のどこかに位置していた古代沈み込み帯の上で岩石が最初に形成されたことを示している。さらに、太平洋の下のマントルに対する地震学的画像は、沈み込み帯でマントルへ押し込められ、そこに何億年も居残った地球の外殻のスラブと考えられる残骸を同定している。 二つの独立したデータセットは共に南北に延びた一連の沈み込み帯の位置を示しており、これが古太平洋を二つの海盆に分割していた可能性がある。

A series of ancient subduction zones could have existed in the palaeo-Pacific Ocean about 200 million years ago, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Douwe van der Meer and colleagues compiled geological data stored in rocks found along the margins of the North American and Asian continents. The data show that the rocks originally formed above ancient subduction zones located somewhere in the middle of the Pacific Ocean, around 200 million years ago. Furthermore, seismic images of the mantle beneath the Pacific Ocean identify potential remnant slabs of Earth’s rigid outer shell that could have been forced into the mantle at the subduction zones, and have since lingered there for hundreds of millions of years. Together, the two independent data sets mark out the location of a north?south trending series of subduction zones that would have divided the palaeo-Pacific Ocean into two sub-basins.

doi: 10.1038/ngeo1401

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度