Research press release

最近まで活動していた月の地形

Nature Geoscience

Recently active lunar landscapes

月は最近の5000万年以内までテクトニクス的活動を経験していたと、今週号のNatureGeoscience onlineに発表された研究が報告している。これまでは、内部が冷却したことで月が最近縮んでいることによって形成されたと考えられている、10億年よりは若くないテクトニクス的徴候が最も若いものとされてきた。 Thomas Watters等はルナー・リコネッサンス軌道船のカメラにより得られた画像を解析した。彼らは、月の地殻が伸張し拡大したことで形成されたと考えられる、月の高地と玄武岩の海での細い谷状地形を同定した。このような特徴は初期の状態を保っており、衝突クレーターで横切られていることもほとんどなく、比較的最近形成されたことを示唆している。 月進化の熱的モデルは、月の表面が現在は圧縮場にあることを示している。しかしながら、ここで見つかった断層は月の表面が伸張場にあることを示唆しており、月が形成後に完全に融解したことはなかった可能性があることを意味している。

The Moon could have experienced very recent tectonic activity, within the last 50 million years, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Previously, the youngest tectonic features, much less than a billion years old, were thought to be formed by recent shrinking of the Moon as its interior cooled. Thomas Watters and colleagues analysed images obtained by the Lunar Reconnaissance Orbiter Camera. They identified narrow trough-like features in the lunar highlands and mare basalts that are thought to have formed as the lunar crust was stretched and extended. The features appear pristine and are rarely cross-cut by impact craters implying they formed relatively recently. Thermal models of lunar evolution suggest that the surface of the Moon should currently be under compression. However, the faults identified here are indications of the extension of the Moon’s surface, and imply that the Moon may not have totally melted after its formation.

doi: 10.1038/ngeo1387

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度