Research press release

海面下の海洋温暖化による氷河の加速

Nature Geoscience

Glacier acceleration through subsurface ocean warming

グリーンランド最大の氷河の流れの1つであるJakobshavn Isbraeが1997年に急に加速したことは、その下の海洋の温度が上昇したことが原因だった、とNature Geoscience(電子版)に報告される。その研究によれば、海洋の温度はこれまで考えられていたよりも氷河の流れにとって重要らしい。したがって、他の氷河の流れの気候変動に対する将来の急激な力学的応答を予測するためには、地域的な海洋力学を詳細に知ることが必要となる。

D Hollandらは、1997年にグリーンランド西岸全体に沿って海面下の海洋温度が急激に上昇したことを示す水路測量データを提示している。アイスランド近傍のイルミンガー海から流れてきた比較的温度の高い水が到達したことで、氷河の速度が増大する引き金となった。このような海洋の変化は、北大西洋地域の大気循環の変化にまでたどれるということである。

The sudden acceleration in 1997 of Jakobshavn Isbr?, one of Greenland’s largest outlet glaciers, was caused by subsurface ocean warming, according to research published online in Nature Geoscience. The study suggests that ocean temperatures may be more important for glacier flow than previously thought. The prediction of future rapid dynamic responses of other outlet glaciers to climate change may therefore require detailed knowledge of regional ocean dynamics.

David Holland and colleagues present hydrographic data that show a sudden increase in subsurface ocean temperature in 1997 along the entire west coast of Greenland. The arrival of relatively warm water that originated from the Irminger Sea near Iceland could therefore have triggered the increase in the glacier speed. The authors trace these oceanic changes back to changes in the atmospheric circulation in the North Atlantic region.

doi: 10.1038/ngeo316

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度