Research press release

木の年輪に記録されていない火山による寒冷化

Nature Geoscience

Volcanic cooling not recorded by tree rings

木の年輪に基づいて過去の気候を再現することは、火山噴火によって生じる時間の短い寒冷化事象を見逃す可能性があると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された論文が報告している。その研究は、特に木の年輪に基づいた再現はAD1258-1259年に起きた、同定されていない火山の噴火に関連した寒冷化を見逃している可能性があると示唆している。木の年輪の年代は、木の生長にとって最低限の温度となっている地域の周辺から収集されていることがある。Michael Mann等は気候と木の生長に対する数値シミュレーションを用いて、1回から2回の成長する季節の間に温度が急激に下がるときは、このような地域の木はほとんど生長しないことを示した。その結果、寒冷期に対応する木の年輪が欠落していることで、それによる気候の再現から気候事象を隠してしまうことになる。この結果は、AD1258-1259年に起きた噴火に関連した2℃の寒冷化(気候モデルから示されている)は、既存の年論データによっては除外できないことを示している。

Reconstructions of past climate on the basis of tree rings may miss the short-lived cooling events caused by volcanic eruptions, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The work suggests that, in particular, the tree-ring-based reconstructions may be missing cooling linked to the ad 1258-1259 eruption of an unidentified volcano.Tree-ring chronologies are often collected from regions that are at or near the minimum temperature for tree growth. Michael Mann and colleagues used numerical simulations of climate and tree growth to show that when temperatures fall abruptly for one or two growing seasons, trees in these regions undergo little or no growth. The resultant lack of a tree ring corresponding to the period of cooling thus masks the climate event in subsequent reconstructions.These results show that a 2 °C cooling associated with the ad 1258-1259 eruption (as indicated by climate models) cannot be excluded by existing tree-ring data.

doi: 10.1038/ngeo1394

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度