Research press release

古第三紀海洋の豊富なガスハイドレート

Nature Geoscience

Abundant gas hydrates in Palaeogene oceans

5600万年前の暁新世-始新世温度極大期に先立って海底の温度が上昇したとしても豊富なメタンガスハイドレートを維持できたとの報告が寄せられている。これは、急速な温暖化事件の間の気候変動にガスハイドレートの解離が寄与したというこれまでの提案を支持するものである。

暁新世-始新世温度極大期の温暖化にガスハイドレートが関与していたことは、海底の温度が現在よりも4〜7℃上昇したことで十分な量のガスハイドレートを維持できなかったという提案により挑戦を受けている。G GuとG Dickensは数値モデルを用いて、ハイドレートの安定性が減少する地域ではメタン生産速度が上昇することで釣り合うことを示した。

彼らは、古第三紀海洋はほぼ現在の値に近いガスハイドレートを維持できたと結論している。

Warm seafloor temperatures preceding the Palaeocene-Eocene Thermal Maximum 56 million years ago could have supported abundant methane gas hydrates reports a paper published online in Nature Geoscience. This supports earlier suggestions that the dissociation of gas hydrates contributed to climate change during this abrupt warming event.

The involvement of gas hydrates in the Palaeocene-Eocene Thermal Maximum warming has been challenged by the suggestion that the warm seafloor temperatures, which were about 4-7℃ higher than today, may not have supported sufficient quantities of gas hydrates. Guangsheng Gu and Gerald Dickens use numerical modelling to show that the decreased area of hydrate stability would have been compensated for by higher rates of methane production.

They conclude that the early Palaeogene oceans could have supported near-modern values of gas hydrates.

doi: 10.1038/ngeo1301

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度