Research press release

地滑りが氷河を前進させる

Nature Geoscience

Landslides drive glacial advances

最終氷期終末期にニュージーランドのワイホ・ループ・モレーンを形成したフランツ・ヨセフ氷河の再前進は、気候変動ではなく近くの山の地滑りにより起きた。ニュージーランド南アルプス地域にあるワイホ・ループは新ドリアス再寒冷期において南半球が寒冷化した証拠として解釈されてきた。

Nature Geoscience(電子版)に発表される研究で、J Schulmeisterらは、ワイホ・ループ・モレーン(氷河により運ばれて堆積した岩屑物質)から採取された大量の岩石試料を研究した。岩石種と岩屑物質粒子特性の分析に基づいて、彼らは、モレーンは典型的な氷河により輸送された物質ではなく、大規模な地滑りの生成物でできていると結論した。彼らは、近くにあるルーム山の地滑りが氷河の上を覆い、その表面から氷が失われることを妨げたので、結果的に氷河を前進させることになったことを示唆している。

著者らは、孤立した氷河を前進させるために地滑りは、これまで考えられていたよりも重要な役割を果たす可能性があり、どこでも同じような孤立したモレーンの解釈をする場合には注意が必要であると述べている。

The re-advance of the Franz Joseph Glacier that led to the formation of New Zealand’s Waiho Loop moraine during the last glacial termination was driven by a landslide from a nearby mountain, rather than climatic changes. The Waiho Loop, located in the Southern Alps of New Zealand, had been interpreted as evidence for Southern Hemisphere cooling during the Younger Dryas cold reversal.

Online this week in Nature Geoscience, James Shulmeister and colleagues study a large suite of rock samples collected from the Waiho Loop moraine ? the debris material carried and deposited by the glacier. Based on an analysis of the rock types and the grain characteristics of the material, they concluded that the moraine most likely represented the products of a massive landslide, rather than typical glacier transport. They suggest that a landslide from nearby Mount Roon may have blanketed the glacier, protecting it from surface ice loss and ultimately causing the glacial advance.

The authors suggest that landslides may play a bigger role in causing isolated glacial advances than previously thought, and suggest care must be taken when interpreting similar isolated moraines elsewhere.

doi: 10.1038/ngeo249

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度