Research press release

川の切断による極端な堆積作用

Nature Geoscience

Extreme sedimentation from river cutoffs

米国ウォバッシュ川の曲がりくねった湾曲部を断ち切る2つの流路の浸食は、大量の堆積物を間欠的に放出したとの報告が寄せられている。堆積物は直下の下流で堆積し、船の航行を回復するために浚渫を必要としている。

J Zingerらは、航空写真とGPS地図、流路の川底の地形推定図を用いて、2008年と2009年に起きた2つの切断水流事件により放出された堆積物の量を決定した。これらの事件により、川の湾曲部の細いところを横切って小さな流路が形成され、より直接的に川が流れることとなった。Zingerらは、放出された堆積物の量は、川の流路を横方向に動くことで放出された量よりもはるかに大きいことを見いだした。

The erosion of two channels that cut off a meander bend in the Wabash River, USA, released large pulses of sediment, according to a paper published in Nature Geoscience. The sediment was deposited immediately downstream, requiring dredging to restore shipping activity.

Jessica Zinger and colleagues used aerial imagery, GPS mapping and estimates of channel bathymetry to determine the amount of sediment released in two cutoff events in 2008 and 2009. These events led to the formation of smaller channels across the neck of the river bend, providing a more direct path for river flow. They found that the amount of sediment released was a great deal larger than that released by the lateral movement of the river channel.

doi: 10.1038/ngeo1260

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度