Research press release

古代の沈み込んだ海洋スラブによる中国下部のマントル水和化

Nature Geoscience

Mantle hydration beneath China by ancient subducted oceanic slabs

中国北東部の地下にある異常に水に富んだマントルは、過去10億年にわたる沈み込んだ海洋地殻のスラブからの脱水作用により説明できることが、Nature Geoscience (電子版)で発表される。

栗谷豪たちは、中国北東部において、地球表面に噴出した古代の溶岩で、起源がその下のマントル内の水に富んだ場所であるものに対する、地球化学的測定の結果をまとめた。地球化学的結果は、過去10億年の間に、2つの独立した事象によってこの生成源に水が加わったことを示している。

研究者たちは、最初にマントルに水が加わったのは古代の海洋スラブが中国の下に沈み込んで、水が絞り出された時であると示唆している。後に、沈み込んだ太平洋の地殻の脱水化の際にさらに水が加わった。2つのマントル水和化により中国北東部地下の異常に水に富んだマントルを説明することができる。

The anomalously water-rich mantle beneath northeast China could be explained by the dehydration of subducted slabs of oceanic crust over the past billion years, according to a paper published online this week in Nature Geoscience. Takeshi Kuritani and colleagues compiled geochemical measurements of ancient lavas erupted at the Earth’s surface in northeast China, but derived from the water-rich zone in the mantle below. The geochemistry shows that water was added to this source on two separate occasions in the past one billion years. The researchers suggest that the first addition to the mantle occurred when water was squeezed out of an ancient oceanic slab as it was subducted beneath China. Later, yet more water was added during the dehydration of the subducting Pacific Ocean crust. The two mantle hydration events together can help explain the anomalously wet mantle beneath northeast China

doi: 10.1038/ngeo1250

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度