Research press release

植物の進化が影響を及ぼした河川の形状

Nature Geoscience

Evolution of plants influenced river shape

約3億3000万年前の木に似た植物の進化は、固定した流路を持つ河川氾濫原が最初に現れたことと関連があるとの報告が寄せられている。

N DaviesとM Giblingは、彼らが固定流路氾濫原と呼ぶ、特定の種類の河川堆積物が岩石記録に最初に現れたのは、木に似た植物が広がった後であることを立証した。彼らは、これらの植物が持つより複雑な深部の根は、それらが生じさせる木の破片と共に河川の土手を安定させ、深部の流路と氾濫原を発達させると示唆している。

News & ViewsでC Paolaは、「DaviesとGiblingは植物の進化が陸上河川に影響を及ぼす新しい効果を同定した」と述べている。

The evolution of tree-like plants some 330 million years ago was associated with the first appearance of river floodplains with fixed channels, reports a paper published online in Nature Geoscience.

Neil Davies and Martin Gibling demonstrate that the first appearance of a specific type of river deposit in the rock record, which they call fixed-channel floodplains, occurred after the expansion of tree-like plants. They suggest that the more-complex and deep root systems of these plants, along with the woody debris they created, stabilized river banks and allowed for the development of deep channels and floodplains.

In an accompanying News & Views, Chris Paola writes, “Davies and Gibling have identified a new way in which the evolution of plants has influenced terrestrial rivers.”

doi: 10.1038/ngeo1237

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度