Research press release

ヒマラヤ氷河の変化する融解

Nature Geoscience

Variable melting of Himalayan glaciers

ヒマラヤ山脈氷河の気候変動に対する応答は、気候、地表の急勾配、および岩屑の被覆の程度によって変わりうるとの報告が寄せられている。例えば、ヒマラヤ山脈北西部のカラコルム地域において研究した氷河の半分は安定し伸張したが、約2/3はどこかで後退していた。

D Scherlerらは、2000年から2008年の間にヒマラヤ全域の氷河で観測された、氷河前線における表面速度の変化についてリモートセンシングのデータを提示している。彼らは、氷河の地球温暖化に対する応答はきわめて変化の程度が大きいことを見つけた。Scherlerらは、氷河を安定化させるうえで、特に岩屑の被覆(ヒマラヤ山脈中央部でよく見られるが、チベット高原ではあまり見られない)の役割を強調している。

The response of Himalayan glaciers to climate change varies with climate, surface steepness and the degree of rock debris cover, according to a study online this week in Nature Geoscience. For example, half of the studied glaciers in the Karakoram region of the northwestern Himalaya are stable or advancing, whereas about two thirds are in retreat elsewhere.

Dirk Scherler and colleagues present remote-sensing data of changes at glacier fronts and in surface velocities, observed at glaciers in the greater Himalaya between 2000 and 2008. They find a high degree of variability between the glaciers’ response to global warming. The researchers particularly highlight the role of rock debris cover — common in the central Himalaya but rare on the Tibetan Plateau — in helping to stabilize glaciers.

doi: 10.1038/ngeo1068

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度