Research press release

森林再成長による温度への効果は限定的

Nature Geoscience

Marginal temperature benefits from forest regrowth

実際に農耕地を森林に置き換える成果が地球の温度に及ぼす利益は小さいとの報告が寄せられている。カナダの研究チームは、植林は温室効果ガス放出を削減することの代替にはならないと結論している。

国連は農耕地や辺境の土地を森林に変える(植林として知られる)ことを、各国政府が取り得る重要な気候変動低減策の1つとして考えている。

V AroraとA Montenegroは地球システム数値モデルを用いて、2081年から2100年の間に温暖化を逓減するための5つの植林シナリオについてその可能性を検証した。彼らは、現在農耕地となっている地域を100%森林に変えるという非現実的なシナリオでさえも、温暖化を約0.45℃逓減するだけであり、温度に与える効果はほとんど期待できないことを見いだした。

The temperature benefits resulting from realistic efforts to replace cropland with forests are small, according to a study published online in Nature Geoscience. The researchers conclude that afforestation is not a substitute for reducing greenhouse gas emissions.

The United Nations considers the conversion of croplands or marginal lands into forests — known as afforestation — as one of the key climate change mitigation strategies available to governments.

Vivek Arora and Alvaro Montenegro used an Earth system numerical model to examine the potential of five afforestation scenarios to reduce warming between 2081 and 2100. They found the temperature benefits would be minimal; even the unrealistic scenario of converting 100% of the area now occupied by croplands to forest reduces warming by only around 0.45 ℃.

doi: 10.1038/ngeo1182

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度