Research press release

永久凍土の劣化が湿地帯の損失をもたらす

Nature Geoscience

Permafrost degradation leads to wetland loss

永久凍土の解凍は湿地帯の面積を減少させているとの報告が寄せられている。湿地帯は炭素を含んで保存し二酸化炭素とメタンを放出するので、湿地帯の面積の減少は高緯度地方の炭素放出に影響を与える可能性がある。

C Avisらは、全球気候モデルを用いて、温暖化ガス放出の増加により生じる永久凍土の融解が北半球高緯度地域の湿地帯に及ぼす影響を調べた。彼らのシミュレーションは、永久凍土の劣化によって表層水がより深部の土壌層へと排出されるために、湿地帯の面積を減少させることを示唆している。

Permafrost thawing reduces the areal extent of wetlands, according to a study published online in Nature Geoscience. A reduction in wetland area could influence high-latitude carbon emissions, as wetlands both take up and store carbon, and release carbon dioxide and methane.

Christopher Avis and colleagues use a global climate model to examine the impact of permafrost melt caused by rising greenhouse gas emissions on wetlands in the high northern latitudes. Their simulations suggest that permafrost degradation reduces the areal extent of wetlands, owing to the drainage of near-surface water to deeper soil layers.

doi: 10.1038/ngeo1160

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度