Research press release

水星の自転に対する小惑星の衝突の効果

Nature Geoscience

Asteroid impact on Mercury’s spin

水星はかつては同期した自転をしながら太陽の周りを回っていたとの報告が、Nature Geoscience(電子版)に寄せられている。大きな小惑星との衝突により蹴飛ばされて、水星はこの安定した自転から現在のような異常な自転速度に減速されてしまったと示唆されている。 M Wieczorekたちは数値モデルを用いて、水星の自転の進化に対する異なったシナリオを検証した。彼らは、68%の確率をもって、水星が初期に現在の軌道上を逆向きに自転したならば、片方の側を常に太陽光にさらす同期した自転に捕捉されていたことを示した。彼らの計算は、大きな小惑星との衝突がこのパターンを中断させ、太陽の周りを周回する間に1回半自転する現在の状態に結果的に進化したことを示している。

Mercury could have once orbited the Sun in a synchronous rotation, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The work suggests that collision with a large asteroid could have knocked Mercury out of this stable set-up, causing the planet to slow into its present unusual rotation. Mark Wieczorek and colleagues examined different scenarios for Mercury’s rotational evolution using a numerical model. They show that, with a 68% probability, if Mercury initially spun in the opposite direction to its orbit, the planet would have been captured into a synchronous rotation with one side experiencing perpetual sunshine. Their calculations show that a large asteroid impact could have disrupted this pattern, causing Mercury to eventually evolve into its current state of rotating one and a half times for each orbit of the Sun.

doi: 10.1038/ngeo1350

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度