Research press release

北極域の炭素貯蔵庫の定量化

Nature Geoscience

Quantifying the Arctic carbon pool

北アメリカ北極域の土壌は、これまで考えられていたよりも多量の有機炭素を含んでいる、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。高緯度地方の土壌に蓄えられた炭素は、気候変動に応答してCO2やメタンとして大気中に放出される可能性がある。

C-L Pingらは、土壌の有機炭素の測定を用いて北アメリカ北極域全体の土壌に蓄えられた有機炭素の量を見積もった。彼らは、広い範囲の地表で少なくとも深さ1 mまで試料を採取し、この地域の炭素貯蔵庫について包括的な評価を提供している。これまでの北極域の炭素貯蔵庫に対する見積もりは、主に北極域の外側で土壌のごく表層に対して行われた測定に基づいたものであった。

関連したNews and Viewsで、C Beerは次のように述べている。「Pingらは炭素存在度総量を計算したが、それは大気中にある現在の炭素量のおよそ6分の1に相当する。この炭素の一部でも放出することになれば、地球の気候には重要な影響を与えることになるだろう」。

The soils of the North American Arctic contain substantially more organic carbon than previously thought, according to a study published online this week in Nature Geoscience. Carbon stored in high-latitude soils could potentially be released to the atmosphere as CO2 or methane in response to climate change.

Chien-Lu Ping and colleagues used measurements of soil organic carbon to estimate the size of the entire North American Arctic soil organic carbon store. They sampled a wide range of landscapes, to at least 1 metre in depth, to provide a comprehensive assessment of the carbon pool in the region. Previous estimates of the Arctic carbon pool relied heavily on measurements conducted outside of the Arctic in the very top layers of the soil.

In his accompanying News and Views, Christian Beer says “Ping and colleagues calculate a total carbon content...equivalent to approximately one sixth of the current carbon content in the atmosphere. Releasing even a portion of this carbon…would have a significant impact on Earth’s climate”.

doi: 10.1038/ngeo284

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度